診療内容 マサミ歯科医院 石川県 金沢市
toppage access logo
 
診療コンセプト
診療科目
QA よくある質問
院長の紹介
設備の紹介
グッズの紹介
アクセス
診療案内 お問合せ

 
診療科目 診療内容 スポーツ歯科

スポーツ歯科

コンタクトプレーの多いスポーツ(ラグビーやアイスホッケー等)では、顔面や頭部に怪我をする危険があり、衝撃を緩和するマウスガード装着が必要であると考えています。
自分の身を守るためにも、練習や試合の時にきちんとマウスガードを装着する必要があることから、マサミ歯科ではマウスガード装着を推奨しています。


カスタムメイドのマウスガードができるまで

歯科医師によるカスタムメイドタイプは装着する人にピッタリ合ったものを作るため、マウスガードの保護能力の低下やアゴへの悪影響の心配がありません。

適切な形態のマウスガードを使わないと
  ・外傷予防効果が減少する
  ・口を開けるとすぐ落ちてしまう
  ・使用感が悪く、気持ちが悪い、話せない
  ・顎関節症になる危険がある
などの可能性があります。
  
市販品のマウスガード
歯科医師の調整によるマウスガード


マウスガードQ&A

費用はどれくらい?

一般的には1万から4万円前後と考えてください。
スポーツ店などで販売しているものにくらべると費用はかかりますが、正しい咬み合わせとアゴの位置で作れるのは歯科医院だけです。マウスガードの本来の目的であるケガの予防効果を十分に得るためには歯科医院で作るカスタムメイドタイプをおすすめします。


色は選べるの?

マウスガードの色はたくさんあります。マウスガードの装着が義務付けられた競技では、装着が容易に判断でき、落とした場合にも見つけやすくなります。ただし口の中を切って出血した場合に気付きにくい色は避けます。また、チームカラーを統一すれば連帯感を高めることになります。


どれくらいもつの?

多くのスポーツ選手は、パワーを出すために歯を食いしばります。マウスガード装着時の食いしばりは、マウスガードをすり減らしてしまいます。マウスガードは少なくとも1年に1回はすり減りや破損をチェックしてもらい、いたんだものは作りかえることをおすすめします。また成長期の子供は、必ず2〜3ヵ月に一度はチェックを受けましょう。


清掃はどうするの?

使用後は必ず水またはぬるま湯で洗って下さい。唾液やばい菌そして汚れを落とすためです。さらに軟らかめの歯ブラシに歯磨剤をつけて洗えば完璧です。保管は必ず専用の容器で。マウスガードを使う前には、水ですすいでから口に入れましょう。熱いお湯に入れるとマウスガードの型がくずれてしまいます。


製作期間は?

口の中と咬み合わせをとってから、約1週間から10日間くらいでできます。その後、マウスガード装着時の咬み合わせのチェックを2〜3度は必ず受けましょう。


歯の治療中だけど大丈夫?

マウスガードは、調整できますから治療中でももちろん装着できます。むしろ治療中だからといって装着しないと歯が折れたりしてもっと危険な状態になります。
矯正装置を入れた状態でも作れますし、歯の動きをじゃましないように調整もできます。治療中の場合はなおさらマウスガードを装着することをお勧めします。